しゃぶ禅六本木店

しゃぶ禅六本木店スタッフブログ しゃぶ禅六本木店スタッフブログ
entryfoot

懐かしい顔

 こんにちは。しゃぶ禅六本木店です。

35度の最高気温の日が続くと27・8度の最高気温がとても涼しく感じたりしますね。今年は暑かったり寒かったりと不安定な夏となっておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 さてさて、先日とっても久しぶりに元スタッフが来店してくれました。

特に予約もなくふらっと立ち寄ってくれ5年振りという事でしたたのですぐに気付づけなかったのですが、よくよく見るとお互いに少しは年を重ねましたが間違いなく彼女でした。

 彼女は5年前までしゃぶ禅で働いていて今は無い赤坂店でも働いていた経験があるんです。そしてとっても日本語が上手でテキパキとよく働いておりました。卒業後に母国、中国に戻り貿易の仕事に付いたと。今回は実は新婚旅行で日本に来日したという嬉しい報告をしてくれました。相変わらず日本語が上手でチャーミングなんです。笑顔が素敵な優しそうなご主人は日本語が全く話せないので女将がこう言って!ああ言って!と伝える内容は彼女の働きぶりを褒める内容や容姿を褒める内容だったりと通訳する彼女は恥ずかしそうにタジタジ・・・。見ている方はかわいらしいななんて思っておりました。

本当に久しぶりの来店に驚きと嬉しさが一杯でした。

また、いつか日本に来て是非しゃぶ禅に立ち寄ってくれたらなと思います。その時は家族が増えているかもしれませんね。

しゃぶ禅 六本木店

スタッフ

 

2017/08/06 16:42|日々のことコメント(0)

entryfoot
entryfoot

マロニーと葛きり、白滝と春雨 2

こんにちは。しゃぶ禅六本木店です。

前回のマロニーと葛きりの違いご理解いただけましたでしょうか?

私はグッドタイミング!でお客様にちょうどマロニーと葛きりの違いを聞かれました。

お陰様でオタクではないか?という程、詳細にお伝えしてしまいました(笑)

さて、第二弾として白滝と春雨編といきましょうか?

すき焼きに入っている白滝ですが、春雨と間違えないわ!とおっしゃる方もいるかもしれませんが実際、春雨下さい!と言われる事もありますので是非、お伝えしたいと思います。また地方によってはマロニーや葛きりをすき焼きに入れるという所もあるようですが、今回は六本木店を基本に考えておりますのであしからず。

まずは正解から。六本木店ですき焼きに入れるのは「白滝」でございます。春雨でも糸こんにゃくでもありません。

では、春雨とは何ぞや?

 春雨は緑豆やジャガイモなどの炭水化物(所謂デンプン)が原料の中国由来の麺状の食品です。春雨という名称は日本独自のものだそうです。緑豆になじみが無い人もいらっしゃるかもしれませんが、もやしの原料と言えばピンとくるんじゃないでしょうか?もやしの先っちょに付いている緑色の豆が緑豆です。

春雨と一言に言っても2種類あり、先述した緑豆を原料にしたものとジャガイモやサツマイモを原料としたものがあり比べてみると色の違いや煮崩れの具合の違いがあるそうです。特に緑豆を使ったものを「緑豆春雨」と言い違いを明確にしているようで、台湾や中国からの輸入物がほとんどだそうです。ちなみに日本ではこの緑豆のデンプンが入手しにくく春雨を作っているメーカーさんも数社のみで国産春雨はジャガイモ(馬鈴薯)やサツマイモ(甘藷)からデンプンを取って作っているそうです。更に輸入物の春雨であっても緑豆を使わずにジャガイモ等から作った春雨もあるそうです。

 

お次は白滝!

 原料はコンニャクイモで、成分はほとんどが水分で栄養価はほとんど無いのでダイエットによいと言われていますよね。白滝も糸こんにゃくも江戸時代に誕生し、白滝は主に関東で作られ、糸こんにゃくは主に関西で作られたもので、元々製法に違いがあったので名称も違ったそうです。ちなみに黒いのが糸こんにゃくで白いのが白滝ではないのだそうですよ。

ついでなので白滝と糸こんにゃくの製法の違いをご紹介しておこうと思います。

白滝は固まり切っていないゼリー状のものを、円筒の細い穴からところてんのように押し出したものを湯で固める。
こんにゃくが穴から出てくる姿が、白い滝のように見えることから「しらたき」と名付けられた。

糸こんにゃくは、固まった板こんにゃくを細く切って糸状にしたものなので「糸こんにゃく」。

このような製法の違いから、しらたきの太さは2~3mmぐらい、糸こんにゃくの太さは4~8mmぐらいのものが多い。

 現在では製法に違いはなくなっており、太さによって呼び分けられることもないが、昔から馴染みのある呼称だけが残り、関東のメーカーや関東で販売されるものは「しらたき」、関西のメーカーや関西で販売されるものは「糸こんにゃく」となっていることが多く、しらたきと糸こんにゃくの違いは、地域による違いしかないそうです。

春雨と白滝は原材料が違いますの戻してふっくらした状態になると似てはいますが全く異なる食品という事になりますね。

皆様少しは参考になりましたでしょうか?

それでは、皆様のご来店心よりお待ちしております。

しゃぶ禅六本木店

スタッフ

 

 

2017/06/04 17:02|日々のことコメント(0)

entryfoot
entryfoot

マロニーと葛きり、白滝と春雨 1

 こんにちは。しゃぶ禅六本木店です。

いつもしゃぶしゃぶにすき焼きをお召し上がり頂き誠に有難うございます。

 さて、今回はそのしゃぶしゃぶやすき焼きに使う具材『マロニーと葛きり、白滝と春雨』についてお伝えしたいなと思っております。

なぜならお客様がとても混同しやすい食材なのでその違いをお伝えしようかなと思った次第です。

まずはしゃぶしゃぶに使う白く麺状になった物、こちらのご紹介!

マロニーなのか?葛きりなのか?

始めに正解をお伝えしますと、六本木店で使用しているのは『葛きり』でございます。

えっ!今までお店でマロニー下さい!って頼んでいましたよ!というお客様もいらっしゃるかもしれません。お客様の求める物が葛きりを指しているのだろうと推測しご提供させて頂いておりますのでマロニー下さいと言われても求める物だろうという食材が出て参ります。ですから葛きりを提供してマロニーじゃないじゃないか!と御叱りを受けたという事例を六本木店で聞いた事はございません。

では何がマロニーで何が葛きりか?という疑問を持ちますよね?

 マロニーとは、食品メーカーであるマロニー株式会社が製造販売する春雨に似た食品のことなのです。春雨は主に緑豆(りょくとう)を主原料にしたものですが、マロニーはマロニー株式会社が独自に開発したジャガイモのデンプンやコーンスターチを原料としているものです。

 葛きりとは、葛粉を水で溶いて煮詰め、それを平らにして冷やし固め、細長く切った食べ物で、本来は本葛(ほんくず)と呼ばれる100%葛粉でできた混じりけのないもので作るりますが、本葛は供給量が少なく、一般に葛粉と呼ばれるものにはジャガイモやサツマイモのデンプンや、コーンスターチを混ぜたものが多く市販されています。またくずきりにしても葛ではなく、ジャガイモやサツマイモなどのデンプンを用いてくずきりに似せて作ったものが多く出回っています。

という事でマロニーはマロニー株式会社が独自開発したオリジナル商品であり元々は春雨に似せた食品だということ。成り立ちは違いますが出来上がりが非常に葛きりに似ている為に混同されやすいという事ですね。セロハンテープやホッチキスという元々は商品名だったものがそのものを指すという現象に非常に似ていますよね。

 ですから、六本木店で提供している白い麺状のものはマロニー株式会社が製造したものではないので葛きりという事になります。ちなみに原材料は馬鈴薯デンプンと記載されていました。

これにて一件落着!

長くなってしまいますので白滝と春雨は次回に!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

しゃぶ禅六本木店

スタッフ

2017/06/03 16:46|日々のことコメント(0)

entryfoot
entryfoot

予約をお勧めします!

こんにちは。

桜の花は咲き始めましたがまだまだ寒さが残る今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

ここのところ年度末、新年度に伴うお祝い事やお花見で来訪されてる旅行客などなど様々な理由に伴いとても忙しくさせていただいておりますしゃぶ禅六本木店です。

ですので平日でも週末でも、あっ!今日はしゃぶしゃぶ気分だね!しゃぶ禅に行こう!とか、今夜は外食しましょうよ、そうねしゃぶ禅にでもと思ったら是非、すぐにでもお電話下さい。

とても残念なことに130席もあるお席が満席の場合がここのところございますので出来ればお早目にお電話頂けますとお待ちいただかずお食事ができるかと思います。

すぐにお席がご用意できなくてもお席の状況だけでもお問い合わせ頂けたらお時間の目安になるかもしれません。

快適なお食事を提供させて頂く為に皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

しゃぶ禅六本木店

スタッフ

 

 

 

2017/04/02 15:29|日々のことコメント(0)

entryfoot
entryfoot

しゃぶ禅卒業生が来店しました。

 こんにちは。しゃぶ禅六本木店です。

4月になりましたね。この4月から新社会人になった人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

今年は4月1日が土曜という事もあり、もしかすると3日の月曜から職場に行かれる人もいるのかな?

 さて、去る3月のとある日、しゃぶ禅を卒業しこの春から社会人になる元スタッフが友達と一緒にお食事に来てくれました。

大学1年生の時からしゃぶ禅でアルバイトをしていたのでかなり長い間働いてくれた事になります。

本当に初めてのアルバイトでぎこちない接客に慣れないせいかなかなか笑顔がなかったあの頃がとっても懐かしく思えます。

 春からは関西で働くので翌日には引っ越してしいまうと言い何とも忙しない感じがしましたが希望に満ちた顔が印象的でした。

しゃぶ禅での経験が何らかのかたちで彼女の仕事に活かされたらいいなと思う次第です。

 また、別の日に違う元スタッフが来店してくれました。1年振りくらいでしょうかね。しゃぶ禅でまた働きたいくらいですよ!と、とても楽しく働いていてくれたんだなとしゃぶ禅LOVEぶりに驚きもあり嬉しくもある発言でした。

しゃぶ禅を卒業してもまた顔を見せに来てくれるというのは本当に有難く嬉しいものですね。

六本木店は定休日なしでいつでもご来店をお待ちしております。

しゃぶ禅六本木店

スタッフ

 

 

 

 

2017/04/01 16:21|日々のことコメント(0)

entryfoot
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

検 索

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

コメント